クボタ住建

クボタ住建で建てた木の家

木の家を建ててからのその後の生活を取材するクボタ住建の読み物シリーズ

#04 珈琲の香りと家族の趣味に囲まれる楽しい家 相模原市のI邸

相模原市のI邸

神奈川県相模原市に建つI邸。

I邸が見えて来た時に、まず外壁の色に目をひかれました。クボタ住建の特徴でもあるガルバリウムの外壁に、I邸は深いモスグリーン色を使っています。ガルバリウム外壁はブルーブラック色のセレクトが多いイメージなので新鮮な印象
 
続きを読む


#03 手作りの庭を眺める家 鎌倉のN邸

鎌倉のN邸

鎌倉市の閑静な丘の上の住宅地、建築から6年を迎えた富士山を眺める木の家。道路から少し上がった土地にたたずむN邸を訪問しました。
 
玄関へ向かう階段前から、手入れの行き届いた植栽が客人を迎えます。
 
続きを読む


#02 センスと温もりが家族を包み込む 町田のO邸

町田のO邸

角を曲がった数軒先に見えてくる、ウッドフェンスと存在感のあるウッドデッキが目立つ家。

合間から見えるガルバ材の少し無骨なスタイリッシュさと、いい色になってきた木の優しさが、持ち主の雰囲気をかもしだしているかのようなお宅です。
 
続きを読む


#01 自然豊かな八王子市高尾のH邸

八王子高尾のH邸

東京郊外の自然豊かな住宅地に、2012年完成のH邸はあります。
なだらかな坂を上がっていくと角地に建つ、他の家とは少し違った佇まいの木の家。

純日本風のはずなのに、なんだか外国の家のようにも見える。外壁は綺麗な薄いグレー。この外壁のニュアンスグレーの色と、木でできた軒先、お庭に広がる自然の緑が外国の家の雰囲気を感じさせているようです。
 
続きを読む